上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前、
ゆーくん・こーちんの通ってる学校の創立記念日がありました。
その時、全校生徒で郡読をしたようなんですが
その郡読に使われた詩(?)が心に響いたので載せてみたいと思います。

「いのち」 小海永ニ

花です
虫です
からだです

鳥です
草です
こころです

それらはみんなのいのちです

いのちは
どれも
ひとつです

いのちのふるさと
地球もひとつ

風が吹き
雲の流れる地球のうえに
いらないものなどありません

互いに支えているんです
見えない手を出し 声を出し
互いに支えているんです

どれもひとつで
どれにもひとつ
全部が大事ないのちです


正直、ジーンときてしまいました。

つい最近のニュースでも虐待で中学生の男の子が亡くなったニュースが
流れていましたが、どうしてそんなことが出来るのか?
それで平然としつけなんだと言ってる大人
正直、悲しくなります。
ホントのしつけでしてるのか
自分のエゴで、ただストレスを発散してるのか
本人しか分かりませんが。
もっと、もっと「いのち」について考えてほしいもんです。

ゆーくん、こーちん何を感じ郡読したか
いろんなことを感じてほしいなと思った詩でした。

郡読練習中の風景(学校のHPから借りました)
学校


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tantanblog2010.blog98.fc2.com/tb.php/115-3ef407c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。